TOP > 速聴とは > 推薦者の声

速聴(R)とは?

推薦者の声

医学博士 久保田競氏
1932 年生まれ、東京大学医学部卒業、同大学院博士課程修了。
京都大学霊長類研究所所長などを歴任。現在、京都大学名誉教授。日本福祉大学教授。前頭連合野の神経生理学が専門。
主な著書/『手と脳』(紀伊国屋書店)、『ランニングと脳』(朝倉書店)、『脳の手帳』(講談社)、『能力と意欲を伸ばす積極育児法』(主婦の友社)ほか。

創造的に生きようとする人々の強い味方です

エス・エス・アイの「SLBS」は、脳を創造的に働かせる上で非常に効果的なシステムです。
高速で語られる言葉の内容を聴き取るには、ただ漠然とではなく、言葉に積極的に注意を向けて聴かなければなりません。

この訓練を継続的に行うことで、聴覚連合野が活性化し、聴いたものを素早く理解できるようになります。
さらに、聴覚連合野をうまく働かせるために、前頭連合野も同時に働かせることになるので、結果、全一的で統合的な脳の働きが生まれてくるのです。

つまり、「速聴」は普段より速いスピードで聴覚連合野へ情報を送り込むことを習慣化することで、前頭連合野、頭頂連合野、側頭連合野(聴覚連合野と視覚連合野より成る)を活性化させます。
その結果、その他の脳へ入力される知覚情報を素早く正確に認知認識できるようになり、さらに、多くの神経回路が脳内につくられることで、思考力、決断力、理解力なども高まるという、まさに創造的な脳力開発法です。

このシステムは、自己実現を意識し、より創造的に生きようとする人々の力強い味方となるでしょう。

閉じる
医学博士 高田明和氏
1935 年生まれ。慶應義塾大学医学部卒業、同大学院修了。
ニューヨーク州立大学助教授を経て、浜松医科大学教授となり、現在に至る。専門は、生理学・血液学。
主な著書/『脳が若返る..脳内至福物質の秘密』(日本教文社)、『「病は気から」の科学』(講談社)、『心のストレスがとれる本』(光文社)ほか。

脳を活性化し、ヤル気を高めるのに最適です

一般に言語中枢には、聴覚性言語野(ウェルニッケ中枢)、運動性言語野(ブローカ中枢)、視覚性言語中枢(角回)の3つがあるとされ、それぞれ聴く、話す、読む・書くの機能を司ると考えられています。
このうち「角回」は、文字を見てその意味を理解するほか、人間が本来、本能的に持っている“意欲”を高める役割も果たしていると考えられます。

「速聴」で高速の言語情報を聴くことは、「ウェルニッケ中枢」への刺激を介してこの「角回」へも刺激を送り込み、活性化させることになります。
特に「SLBS」に付随する、各種自己開発オーディオソフトを聴くことは、単に刺激という点からだけでなくその内容からも、現代人に不足しがちな「やるぞ」という意欲を高めることができます。

適切な刺激で活性化する脳の仕組みを知り、正しく体系的なトレーニングを行うことさえできれば、誰でも、そして何歳になっても、脳を活性化できると同時に、ヤル気を高めることができるのです。
そのためにも、「SLBS」は大変有効なプログラムだと言えるでしょう。

閉じる
スポーツ心理学者 豊田一成氏
1940 年生まれ。滋賀大学学芸学部(現教育学部)卒業、東京教育大学(現筑波大学)体育学部専攻科修了。
滋賀大学名誉教授。メンタルトレーニングのパイオニア。
主な著書/『ビジネスマンのためのプレッシャーに強くなる豊田式メンタルトレーニング』(きこ書房)ほか。

メンタルトレーニングにとても有効なシステムです

人間は、自分が思い描いたとおりの結果を出す。
これは、長年、大勢のスポーツ選手のメンタルトレーニングを手がけたなかで実証された真実です。ですから、いかにポジティブな成功シーンを描けるかが、勝敗を分けると言っても過言ではありません。
そのために近年、スポーツ界ではアルファ波の効用に着目し、それをメンタルトレーニングに取り入れています。
実際、優秀な選手ほどアルファ波の優勢率が高く、目標設定の仕方、さらには自己分析力と自己コントロール力に優れていることが報告されています。

エス・エス・アイが開発した「SLBS」は、私自身が長いあいだ培い、実践してきた「心身統一的手法」との共通点も多く、その実践的かつ体形的な内容には共感を覚えます。
特に「サイコフィードバック・システム」は、通常なら長い訓練によってのみ体得できる「アルファ支配」の状態を、短期間で獲得できる有効なシステムだと考えられます。
しかも、このようなメンタルトレーニングは、スポーツ選手だけに限らずあらゆる人に有効な手段になります。

閉じる
心理学者 富田 隆氏
1949 年生まれ。上智大学文学部卒業、同大学大学院博士課程修了。
白百合女子大学文学部助教授を経て現在、駒沢女子大学人文学部教授。エス・エス・アイ特別講師。
主な著書/『なぜか「同性に好かれる人」の共通点』(新講社)、『ことばの心理テクニック』(永岡書店)、『ストレス・フリー』(監修・訳、講談社)ほか。

潜在脳力を開花させれば、なりたい自分になれます

現代において、日常生活や仕事に滅入ることなく過ごせる人は、とても希少です。
まして、モティベーション(意欲)を持続させることは、極めて困難です。このような状況にあって、エス・エス・アイの各種『 <速聴対応>脳力開発プログラム・SLBS』は、願望や目標を達成するために最適な“手段”といえます。

これらのプログラムでは、アプローチしやすい下位目標から着実に達成感を積み上げる「目標の細分化技法」、数多くの成功者たちの行動パターンを自分のものにする「モデリング」、潜在的欲求を具体的行動へと転換する「自発性の強化」など、日常生活にすぐさま役立つ、非常に実践的でわかりやすいノウハウが使われています。
しかもそれらは、A.マズローの人間性心理学や、J.ワトソンの行動主義心理学などのさまざまな化学的理論に基づいて、実に効果的に体系化されているのです。

限りある人生の中で、自らの脳力を最大限引き出し、願望や目標を確実に達成したいと思う方に、私はこの『SLBS』を自信を持ってお勧めします。

閉じる
速聴とは?記事一覧

実際に電話で「速聴(R)」を体験できる!今すぐ電話で速聴を体験してみよう!インストラクターが対応します。 フリーダイヤル:0120-52-3940 受付時間10:00 ~ 22:00(年末年始を除く)※携帯電話・PHSからでもご利用可能です。

電話で聴ける速聴って?

「もっと知りたい脳のはなし」DVDプレゼント

お申し込みはこちら

脳力開発応援マガジン 速聴ドットコム

「速聴」をはじめとした様々な脳力開発の最新情報や、日々の生活をより良くしていくためのコラムなどを、毎週水曜日あなたにお届けいたします。

* は必須項目です
メールアドレス *
都道府県 *
生年月日 *
性別 *
男性 女性
↑