TOP > 速聴とは > 速聴のメカニズム

速聴(R)とは?

大脳を刺激して未開発な潜在脳力を引き出す脳のメカニズムを活用した脳力開発法「速聴」

今さら頭が良くなるわけがない。多くの人が抱くそんなあきらめは、単なる誤解でしかありません。
近年の脳科学では、人間の脳は効果的な刺激を与えれば、何歳になっても活性化できることが解明されています。
なかでも高速音声を集中して聴く「速聴®は、その取り組みやすさで注目を集めています。

人間の能力の差は脳力の違いにある

「本来、人間には自分が思っている以上の力が備わっている」
昔からいろいろな形でこう言われてきました。たとえば「火事場のバカ力」。
人はイザとなれば自分が思っている以上の力を発揮することができるという意味ですが、これは突然、力がわいてくるのではなく、もともとそれだけの力が備わっているのに、普段は使いきれずにいる、と言った方が正しいかもしれません。

それは、脳についても同じで、人間の脳はほんの3%程度しか使われておらず、残りの97%は活用されずに眠っている、とよく言われます。
では、なぜ私たちは脳が持つすべての力を使えずにいるのでしょうか?
もしも使われずにいる脳力を思いどおりに発揮することができれば、人生は大きく変わってくるはずです。脳の眠ったパワーを目覚めさせることはできないのでしょうか?

近年の脳研究の発達によって、人が言葉を理解するときのメカニズムもずいぶん解明されてきました。
簡単にそれを説明すると、外から入ってきた情報をまず視覚野や聴覚野といった各感覚野で受け取り、それがさらに各連合野に送られて、それに対する反応を起こすという仕組みになっています。

その各野をつなぎ合わせているのが神経細胞で、その神経細胞同士がつながる接合部にできるのがシナプスです。
このシナプスが働くことによって、脳の中の神経回路ができ上がり、いろんな判断や指令を下せるようになるのです。

たった1カ所を刺激するだけで脳全体が活性化するツボ

実はこのシナプスは、生まれたときにはほとんどでき上がっておらず、いろんな刺激を受けて神経細胞を働かせることによってできてきます。
つまり、頭の働きを良くするには、このシナプスをどんどんつくっていくしかありません。
そのためには、積極的に脳に刺激を与えていくことが大切なのです。

では、脳にどんな刺激を与えたらいいのでしょうか?

実は人間の脳には刺激するだけで、脳全体が活性化するツボのようなものがあります。
そのツボとは大脳の左半球にあるウェルニッケ中枢という部分です。

このウェルニッケ中枢は、人間が言葉を理解するときに重要な働きをする器官で、ふだん本を読んだり人の話を聴いたりするときには、その言葉を頭の中でもう一度、唱え直してその言葉の意味を理解しています。
これは「追唱」と呼ばれる機能なのですがこの役割をウェルニッケ中枢が司っているのです。

そして、脳が言葉を理解しその情報を処理するスピードは、「追唱」のスピードに比例しています。
言い換えれば、速く「追唱」することができれば、それだけ脳内で行われる処理スピードも速くなるのです。
とすれば、このウェルニッケ中枢の性能さえ良くなれば、頭の回転が速くなることが期待できるのです。

高速音声を処理するためにどんどん活性化していく大脳

言語情報を通常の3倍や4倍のスピードで大脳に送り込むと、言語の処理を司るウェルニッケ中枢が、なんとか処理しようとフル回転していきます。
その変化に応じて他の部位にも波及効果が生じ、頭の回転が速くなることが期待できると言います。

速聴とは?記事一覧

実際に電話で「速聴(R)」を体験できる!今すぐ電話で速聴を体験してみよう!インストラクターが対応します。 フリーダイヤル:0120-52-3940 受付時間10:00 ~ 22:00(年末年始を除く)※携帯電話・PHSからでもご利用可能です。

電話で聴ける速聴って?

「もっと知りたい脳のはなし」DVDプレゼント

お申し込みはこちら

脳力開発応援マガジン 速聴ドットコム

「速聴」をはじめとした様々な脳力開発の最新情報や、日々の生活をより良くしていくためのコラムなどを、毎週水曜日あなたにお届けいたします。

* は必須項目です
メールアドレス *
都道府県 *
生年月日 *
性別 *
男性 女性
↑