TOP > 連載コラム > 自己実現 > 「速聴」効果をパワーアップするアルファ波コントロール

連載コラム

「自己実現」するための意思を持つ

自己実現 2015.02.06

「速聴」効果をパワーアップするアルファ波コントロール
サイコフィードバック・システムで脳波を自覚

脳が記憶するサイコフィードバック

たとえばピアノの練習。初めはゆっくり弾きますが、その音が耳に入って脳に知覚されることで、だんだん上手く弾けるようになります。
譜面どおりに弾けるようになるまで、指の動きと脳tの知覚との間にはフィードバックが繰り返されるのです。

ベートーベンは晩年、耳が聞こえなくなってもピアノを弾くことができたという、有名な話があります。
これは、フィードバックを繰り返すと、やがて耳からのフィードバック情報がなくても、その脳力は持続するようになるという証です。

実際に目や耳でアルファ波を自覚でき、アルファ波トレーニングをより効果的にしてくれるものがあります。それが「サイコフィードバック・システム」という装置です。

これは、自分では気付かない脳波の変化を、音や光といった信号に変えて知らせてくれるもので、アルファ波が一定の強さを越えて検出されると信号音を出すため、いつでもアルファ支配に自分の脳を持っていけるようになるのです。

jiko_6a.jpg

アルファ波を自覚して速聴効果をアップ

サイコフィードバック・システムで脳を安定したアルファ支配の状態にすると、心身ともに非常にリラックスします。
この状態で強く心に思いを描けば、潜在意識の中に眠っているあらゆる可能性が目覚め、意欲の源となるのです。

まさに、アルファ支配とは、自分の願望実現や目標達成を強く意識するチャンスの状態といえます。ここで、速聴を活用するのです。

その場合、高速音声を聴き取ろうと意気込んだり、緊張しないほうがいいです。これは苦しくもなければ、忍耐力も必要としない、非常に楽で簡単なトレーニングなのです。ただ耳を傾けるといった感覚で取り組んだ方がいいし、逆にそのほうが継続しやすいでしょう。

つまり、アルファ支配になった脳にポジティブなプログラムの高速音声を注入することで、脳がスムーズに活性化されるのです。

このように、サイコフィードバック・システムと速聴を組み合わせると、アルファ波のコントロールができ、常に脳が調子の良いときを狙って、あるいは調子を整えてから速聴できるようになります。

jiko_6b.jpg

実際に電話で「速聴(R)」を体験できる!今すぐ電話で速聴を体験してみよう!インストラクターが対応します。 フリーダイヤル:0120-52-3940 受付時間10:00 ~ 22:00(年末年始を除く)※携帯電話・PHSからでもご利用可能です。

電話で聴ける速聴って?

「もっと知りたい脳のはなし」DVDプレゼント

お申し込みはこちら

脳力開発応援マガジン 速聴ドットコム

「速聴」をはじめとした様々な脳力開発の最新情報や、日々の生活をより良くしていくためのコラムなどを、毎週水曜日あなたにお届けいたします。

* は必須項目です
メールアドレス *
都道府県 *
生年月日 *
性別 *
男性 女性
↑