TOP > 連載コラム > 自己実現 > 願望は細分化して、段階的に達成していこう

連載コラム

「自己実現」するための意思を持つ

自己実現 2014.04.16

願望は細分化して、段階的に達成していこう
人生の成功を手にするためのちょっとしたヒント

願望に対する段階的目標を細かく設定

設定した目標を到達するためには、まず何から取り組めばいいのか、このはじめの一歩が大切です。
なぜなら、一挙に飛躍して願望を実現するなどということは絶対にないからです。

たとえばあなたが、家電製品の販売ショップに勤めていることにしましょう。
そして「将来は松下幸之助のような大事業家になる」という目標を立てたとします。
その志は素晴らしいものですが、現在の自分と松下幸之助ではあまりにかけ離れており、具体的な行動が見えてきません。

大切なのは、その目標を実現するために明日から何をしたらいいのか、段階的目標を設定することです。つまり、小さな目標として「5年後に独立して自分の店を持つ」とか「メーカーに転職して生産ラインについての知識を吸収する」、または「現在の職場で昇進し、経営のノウハウを学ぶ」など、より身近な目標を設定して、一つひとつクリアしていくことが必要なのです。

また、願望はあるものの、その途中で挫折してしまう人は、段階的目標から大目標へ行く間に、道に迷ってしまうケースが多いようです。
この場合、段階的目標の設定が大ざっぱなことが原因となっています。

たとえば願望を30年後に設定したとしたなら、手始めに5年単位に今後の30年間を区切ってみましょう。
それをさらに、1年ごとに区切り、1ヶ月に、1週間にというように、段階的目標をいくつも組み立てていくほうが、大きな目標に早く近づくことができるのです。
これが願望・目標の細分化技法です。

細分化した目標も、具体的に明確に!

大きな目標を達成するための段階的目標にも大切なことがあります。
それは「いつまでに」「何を」「どのように処理するか」という具体的な計画です。
これが明確でないと、せっかく設定した段階的目標すらクリアできません。もしも松下幸之助を目指すために転職を考えたのなら、まずは生産ラインの知識を早く得られるメーカーはどこか、その選択を行います。そして、ここに行こうという目標を設定したら、そのための試験を受ける必要があるということになります。
試験に合格するというのは、短期的な目標です。そしてメーカーに勤めることは、中期的な目標にすぎません。
しかし、順を追った鮮明な計画にすることで、その目標を確実にクリアしていくことができるのです。


実際に電話で「速聴(R)」を体験できる!今すぐ電話で速聴を体験してみよう!インストラクターが対応します。 フリーダイヤル:0120-52-3940 受付時間10:00 ~ 22:00(年末年始を除く)※携帯電話・PHSからでもご利用可能です。

電話で聴ける速聴って?

「もっと知りたい脳のはなし」DVDプレゼント

お申し込みはこちら

脳力開発応援マガジン 速聴ドットコム

「速聴」をはじめとした様々な脳力開発の最新情報や、日々の生活をより良くしていくためのコラムなどを、毎週水曜日あなたにお届けいたします。

* は必須項目です
メールアドレス *
都道府県 *
生年月日 *
性別 *
男性 女性
↑