TOP > 連載コラム > 自己実現 > 自己実現へのさらなる近道(2)

連載コラム

「自己実現」するための意思を持つ

自己実現 2015.10.08

自己実現へのさらなる近道(2)
シネマティクスの習慣化が幸運をもたらす

自己実現へのさらなる近道(2)

<続き> 2つ目のポイントは「強い思い」です。

夢というのは、日頃から気になっていること、今日やってしまわなければならないことなどをはじめ、 印象深かった映画の強烈なワンシーンなども、 全て「強い思い」=強い思考がキッカケとなって見るものだからです。

このような二つの条件が揃えば、シネマティクスは簡単にマスターできます。

ちなみに、今でもミスタージャイアンツとして慕われ続けている長嶋茂雄氏は 「選手時代は、バッターボックスに立つときはいつも、自分がホームランを打つシーンをイメージしていた」 と言っています。
彼がここ一番という場面でパワーを発揮できた秘密は、 まさに成功のイメージ化(シネマティクス)にあった訳です。

もしあなたが、イメージ化を不得意とする人であるなら、振り子の実験を試してみるといいでしょう。


成功のイメージを繰り返し、本物の成功を!

願望や目標達成のためには、いろいろな経験や努力も必要なため、 ときにはくじけそうになったり、失敗をすることも否めません。
しかし、日頃からアルファ支配を心がけ、繰り返して成功した自分の姿をシネマティクスしていると、 不安や絶望感も薄れていきます。
積極性が出て、成功を目指して働くことが自分にとっての大きな喜びに変わっていくのです。

例えば、自分が進めている商談が必ず成約するというイメージを繰り返して思い描きます。 このシネマティクスを毎日、朝晩のベットの中で繰り返し、習慣化させることによって、 脳はそれを現実に起こったことと勘違いするようになります。 すると実際にそうなる確率も間違いなく高くなるのです。
商談の本場前に、何度も繰り返してリハーサルを積んでいるため、余計な力や緊張は抜けて、 まさに理想的なリラックス状態で本番に望めます。

シネマティクスの習慣化が幸運をもたらす

こうしてシネマティクスを習慣化すると、失敗が減少します。
なぜなら、シネマティクスはイメージでありながらリハーサルであるため、いろいろな場面、立場の違いを設定でき、 何度でも繰り返し、やり直しが利くからです。
リハーサルは、実際の行動を成功へと導いてくれる大きな武器になるのです。

さらには、行動パターンまで変えていくのがシネマティクスの大きなポイントです。

仕事がうまくいかずにイライラしたり、人間関係がギクシャクしたり、ひいては人生がうまくいかないのは、 運や実力がないからはなく、思考パターンに問題があるからです。

シネマティクスで思考パターンをポジティブに帰ることで、良いことは身の周りに集まってくるようになります。

実際に電話で「速聴(R)」を体験できる!今すぐ電話で速聴を体験してみよう!インストラクターが対応します。 フリーダイヤル:0120-52-3940 受付時間10:00 ~ 22:00(年末年始を除く)※携帯電話・PHSからでもご利用可能です。

電話で聴ける速聴って?

「もっと知りたい脳のはなし」DVDプレゼント

お申し込みはこちら

脳力開発応援マガジン 速聴ドットコム

「速聴」をはじめとした様々な脳力開発の最新情報や、日々の生活をより良くしていくためのコラムなどを、毎週水曜日あなたにお届けいたします。

* は必須項目です
メールアドレス *
都道府県 *
生年月日 *
性別 *
男性 女性
↑