TOP > 連載コラム > 脳力開発

連載コラム

「できる人」と「できない人」を分けるもの

脳は何歳になっても活性化させられます。コンピューターをバージョンアップしていくように、脳も眠ったままになっている部分の脳力(潜在脳力)を引き出せば、フル活動するようになるのです。
あなたの脳にも無限の潜在脳力が眠っています。
「できる、できない」の能力や、「したい、したくない」のヤル気には個人差はあっても、脳力に差はありません。
違いをつくるのは、脳力活用の差であると断言できるでしょう。

脳力開発 2015.07.13

ネガティブ思考のままでは前進できない

たとえばあなたが、企画開発部に所属しているとしましょう。 ライバル会社から次々にヒット商品が生み出されている中にあって、それらに勝つべく斬新なアイディアを提出しなければならない状況下に置かれました。しかも締め切りは間近です。 さて、あなたの思考回路はどう働くでしょう?
脳力開発 2015.04.08

脳波をコントロールする簡単トレーニング

脳力アップの必要性を感じたとしても、どのように脳をトレーニングしたらいいのでしょうか? 脳を鍛えるには、体の筋肉トレーニングと同様に、体調ならぬ「脳調」が整っているときに行うことがベストです。
脳力開発 2014.05.30

脳をバランスよく使おう

左右の脳はみんなに平等なもの 上図のように、大脳は中央から二つに分かれて左脳と右脳を形成しています。 「理論的な左脳」は言語脳力に優れ、「感覚的な右脳」は創造性に富んでいるというのは、一般でもよく言われることです。 左脳には、言語機能や論理的思考はもちろん、右半身のコントロール、右視野の認識、計算脳力という役割があります。 一方、右脳には、感受性を高める音楽脳力、左半身のコントロール、右視野の認識...
脳力開発 2013.09.10

脳パワーがヤル気や能力を引き出す

ヤル気というのは「無気力の反対」のことで、主にモティベーションが高かったり、成し遂げたい目標があるときに湧いてきます。そして、能力とは「物事を成し遂げることができる力」のことをいいます。 ヤル気が能力を発揮させ、向上させるカギを握っています。
脳力開発 2013.04.01

驚異の脳内ネットワーク

脳の存在は、心臓や胃、腸などの臓器同様に、人間の体の一器官として捉えられています。しかしその実、脳の指令があるからこそ、他の器官や手足、感じる心や気持ちまでも動かされているのです。
脳力開発 2013.02.08

本当の自分を忘れていませんか?

20世紀における情報化、デジタル化などの急ピッチな発展は、21世紀を豊かな社会にするはずでした。 ところが、長引く不況の影響で会社経営の方針が急変したり、リストラを余儀なくされたりして、就職難、失業率増加、挙句は自殺、過労死といったさまざまな問題が増えています。

実際に電話で「速聴(R)」を体験できる!今すぐ電話で速聴を体験してみよう!インストラクターが対応します。 フリーダイヤル:0120-52-3940 受付時間10:00 ~ 22:00(年末年始を除く)※携帯電話・PHSからでもご利用可能です。

電話で聴ける速聴って?

「もっと知りたい脳のはなし」DVDプレゼント

お申し込みはこちら

脳力開発応援マガジン 速聴ドットコム

「速聴」をはじめとした様々な脳力開発の最新情報や、日々の生活をより良くしていくためのコラムなどを、毎週水曜日あなたにお届けいたします。

* は必須項目です
メールアドレス *
都道府県 *
生年月日 *
性別 *
男性 女性
↑