TOP > 連載コラム > 速聴関連 > 眠ってる潜在脳力を引き出せ!

連載コラム

眠れる脳細胞を目覚めさせ脳をバージョンアップする「速聴(R)」

速聴関連 2015.01.08

眠ってる潜在脳力を引き出せ!
--右脳刺激で脳力を高めれば、困難な目標も達成できる

使用率は3%、97%は眠っている!

人間の脳神経細胞は約140億個。 しかし、実際に使われているのはわずかに3%で、残り97%は眠ったままです。 しかも、成長するにつれて左脳優位になり、右脳はどんどん使わなくなってしまいます。 そのため右脳を目覚めさせれば、潜在脳力を開花させることができるのです。

ここで、一人の男性に登場してもらいましょう。

ある部品メーカーに勤めるM・Mさん(24歳男性)は転職をしようと考えていました。そして、それに有利な資格を取得しようと、英語検定の試験を受けることにしました。
ところが、勉強時間が取れずに、結果は不合格。忙しいことが当たり前のサラリーマンとして、短時間に集中して勉強できなったMさんにとっては、当然の結果だったといえるでしょう。

では、働きながらの資格取得は不可能なのでしょうか?

そんなことはありません。
脳を活性化して、情報処理力や集中力を高めていたら、ちょっとした空き時間を利用して効果的な勉強ができたはずなのです。

とりあえずMさんは、資格の無いまま転職にチャレンジ。
どの会社も書類審査ではパスするのに、面接で落とされてしまいました。
「人前に出ると緊張してしまって、何を話していいかわからなくなる」とは本人の弁解。どんなに優れたセールスポイントを持っていても、いざ本番で力を100%出し切れないのでは意味がありません。

実はMさんのようなこうした消極的な性格さえも、脳を活性化することによって変えることができるのです。

全脳活性で、資格取得も転職も難なくクリア

汎化作用により、脳が活性化して頭の回転が速くなると、周りがよく見えて気持ちにゆとりが出てきます。 また、言葉を選ぶ余裕もできるので、表現力も今までの何倍も豊かになるのです。

つまり、潜在脳力が発揮されれば、資格取得や転職、進学など、今まで困難に見えた目標も達成できるということです。
それは毎日のビジネスシーンも大きく変えることでしょう。

たとえば、「集中力が付き、効率よく仕事をこなせるようになった」(事務・22歳)、「洞察力が鋭くなって相手の意図がわかるようになり、自身を持って接客できるようになった」(家電販売・26歳)というケースも多数報告されています。
彼らは脳の持つ潜在的な脳力を開花させ、それを発揮したにすぎないのです。

sokucho42_1.png

sokucho42_2.png


実際に電話で「速聴(R)」を体験できる!今すぐ電話で速聴を体験してみよう!インストラクターが対応します。 フリーダイヤル:0120-52-3940 受付時間10:00 ~ 22:00(年末年始を除く)※携帯電話・PHSからでもご利用可能です。

電話で聴ける速聴って?

「もっと知りたい脳のはなし」DVDプレゼント

お申し込みはこちら

脳力開発応援マガジン 速聴ドットコム

「速聴」をはじめとした様々な脳力開発の最新情報や、日々の生活をより良くしていくためのコラムなどを、毎週水曜日あなたにお届けいたします。

* は必須項目です
メールアドレス *
都道府県 *
生年月日 *
性別 *
男性 女性
↑